つぶやき・・・・88


ひとの受精卵移植

  母体と関係ない他人の受精卵を移植しても子宮は拒絶しないで妊娠が成立する。人間がこんな技術を開発するとは神様には想定外であった。

  神代の国の日本では、ひとの受精卵移植技術の利用に多くの問題があり、未だ法的に整備されていない。ここは家畜の場合と異なるところである。ところが法の精神や倫理をパスし、外国で受精卵の移植を受けて子供をもうける人がいる。

  苦しみながら国内で不妊治療するひとが多いなか、法をつくる現職の国会議員がこの抜け道を通った。

   ・・・・・整った話ではない。


2011. 1. 15

トップページへ戻る