つぶやき・・・・86


動物と人間の健康はひとつ

  野生動物の生態を撹乱すれば、ときには野生動物が人間に対し害獣になる。さらに、野生動物とうまく折り合いをつけていた微生物群までが路頭に迷い、人間社会で人獣共通感染症として猛威を振るうことにもなる。

  最近、生態系の健全性なくして人や家畜の健康は維持できないという立場から展開される保全医学(Conservation Medicine)という学問領域が目に付く。医学、獣医学、生態学など関連する分野を包括し問題の解決を図ろうというもの。同じ考え方から野生生物保全協会は “動物と人間の健康はひとつ”、“One World One  Health”を提唱している。

  世の運命は人々が知らぬところで定まっていく。そして、現代人は「遠くをおもんばかる」、つまり遠慮が不得意だ。


2010.11. 30

トップページへ戻る