つぶやき・・・・78


宮崎の口蹄疫に報道規制?

  宮崎の口蹄疫はいまだに猛威をふるっており、一向に事態が収まる気配がない。自衛隊の支援を受けて牛、豚合わせて6万頭の埋却処分に追われている。さらに移動制限地域で出荷できない牛、豚、生乳の対策など気の遠くなるような作業を想像する。

  非常事態宣言が必要というくらいの本件だが、一般大衆にはほとんど知られていない。新聞テレビが報道規制されているのだろうか!あるいはマスコミが麻痺しているのか?農水省のホームページには発生戸数、頭数が事務的に掲載されているのみ。さらに異常なことに、政府はいずこか、対策本部として自民党の谷垣総裁が本部長。宮越議員が事務局長として先頭に立っている。

  「普天間の問題は雲の上の話で一般大衆は知らなくてよろしい」と思う政府民主党。風評被害防止に名を借りて政府の失策を隠ぺいするつもりかとも勘ぐる。

  いずれにせよ、政府主導とは専門家不在となることがはっきりした。株主総会で会社を運営しようとするような政府にぞっとする。


2010.5.9

トップページへ戻る