つぶやき・・・・7


人はなぜ必要以上に食べるのか?

  生活習慣病に関する講演の後、人はなぜ必要以上に食べるのかと講師に質問した人がいた。これは面白い質問と思ったが答えに窮しておられた。

  消化器病の専門家はいう。「人類の歴史は生きるための糧を求める歴史。次ぎは何時食べ物にありつけるかわからない。口から入った食べ物はすべて吸収しようと消化管は働く。飢えに備えて食い溜めできるよう卑しいまでに効率よく身体ができている。食糧事情は変化したが身体機能は原始のままなのである。」

  私たちは有り余るごちそうを目の前にして食べる欲望と闘わねばならないのです。イスラムの断食、ラマダーンなどは合理的かも。
  なんと不自然な動物、現代人!


2007.12.16

トップページへ戻る