つぶやき・・・・69

雪国

映画の「雪国」・・・・池辺 良、岸 恵子


駒 子

  NHKラジオに寄せられた俳句を味わう番組で、「駒子」をもって川端康成の「雪国」を連想させる優雅な句が披露された。ところが、男女二人のアナウンサーは、なんと駒子を馬の子として会話した。一曲の間が入った後、指摘があったのか、丁重に詫びと訂正があった。

  一方、ある作家の次のような古い随想を想い出す。

  汽車の長旅に疲れて、ふらりと東北の田舎駅に降り立ち、今夜はここで泊まろうとしたが旅館がなかった。思案しながら田舎道を散歩しているうちに、いよいよ暗くなった。しかたなく一軒家の農家に宿を請い、炉端で夕飯をごちそうになった。

  広い部屋の隅の本棚に文学全集が並んでいた。誰がお読みになるのかと訊ねたら、炉の火箸を持つ主婦が、「雨で農作業できないときの私の楽しみです。」とのこと。

  田舎の格調高い生活に触れた作家は、これぞわが国の文化、力だと感激した。


2007.10.9

トップページへ戻る