つぶやき・・・・29



人の心に焼きついた陰

  聞こえよろしく競争の自由とか規制緩和という改革で小さい政府を目指す。早い話、"勝手にするがよい、ただし結果は自己責任"というもの。そしてわが国は資本主義から拝金主義社会に突入した模様。

  近所を走る国道沿いの約1キロメーターで一番繁盛している店舗はネット喫茶。家賃の高い大都市の現象かと思ったがこんな田舎にも及んでいる。ただし利用者は乗用車で来店。毎日同じ車が駐車場を占め、朝出ていくという。改革に伴う影というより陰というべきか。外は秋晴れだが。

  改革、いうなれば社会の手術について十分なインフォームド・コンセントはあっただろうか。手術はその痛みを我慢すれば健康が待っているはず。目下、改革は人々の幸せに繋がっていない。 いまごろ、あらためて陰の部分に着手とは?

 生活の根源部分である農業や人の心に焼きついた陰は治癒し難い。


2007.9.12


トップページへ戻る