つぶやき・・・・180

 

 


”ごちそうさま”を忘れて食品ロス

                                                                                                        
                             政治家は自分に投票してくれる人の意向で動く。よって社会に広く利が分配されることなんぞは期待できない。
                             この頃はそう思わされる。

                             例えば、“もっと買わせろ、使わせろ、捨てさせろ、流行を追わせろ!・・・・・という不合理が推奨される。
                             “もったいない”などは政治の命題にはなりにくい。

                             政策の方向の偏りによる弊害のひとつに、最近クローズアップされている食品ロスが挙げられよう。
                             食べられる状態であるにもかかわらず廃棄される食品は農業生産高10兆円に匹敵する。
                             我が国の低い食料自給率にもかかわらず、この体たらくはなんぞや!・・・・と騒がれる。

                             幼きより、「いただきます、ごちそうさま」で食べものは尊いと教え込まれる。
                             この日本人の美学、日本の文化を失ったことが食品ロスの一因と考えられないだろうか。
                             デンマークでは、パーティの残りは持ち帰るようタッパーウェアが準備されていると聞いた。

                             「もったいない」の精神はどうしたら回復できようか!                     

                                                                                       

2017.5.26

トップページへ戻る