つぶやき・・・・18

指差す先は?

布袋和尚の指差す先は?


資本の行き先

  物質過多でゲップが出ている現代、利益を追求していく物づくり産業、経済は行き着くところまできた。ここで息絶え絶え。経済成長の実感がないというのも頷ける。東京と地方の差、大企業と中小企業の差の次元ではない。マネーゲームも面白くないことはホリエモンが証明してくれた。

  経済が自然や社会から遊離し一人歩きした結果、かつては公害を撒き散らし、今日では人々の心の荒廃を招いていることは誰しも認める。

  幸い、企業が利益一筋では嫌われることに気付き、環境に配慮するなどの付加価値を添えて事業をすすめようとしている。さらに自然、文化、社会と一体となろうとするエネルギーで産業が成長し、資本が、生き生きと動きだす日が待たれる。

  その前提として、人々が文化や芸術のサービスに価値を見出す素養、より良い自然、社会について考える力が必要となろう。教育改革を掲げる国の施策に期待したいが、一朝一夕の話ではない。


2007.4.29

トップページへ戻る