つぶやき・・・・178

 

 


地方創世には住民の意思が重要!

                                                                                                        
                             富山県の新美術館開館のプレス発表は東京だった。続いて、県産米の「富山26号」の新品種名も都内で発表される。

                             こうした、”県民よりも東京優先”に疑問符がつき、県議会で県民フアーストでアピールせよとの注文が付いた。
                             このことを、地方新聞の1面コラム「天地人」がチクリと書いた。
                             県庁に遠慮しないところがいいねー。感激した。

                             出来事に共通するのは、地域住民の意思を忖度することなくすすんできたこと。
                             地方創世を謳いながら、どこか足が地につかない現象を不安に思う。                             
                             真っ先に生産者そして富山県民が”いいねー”を発することが重要でないだろうか!                     

                                                                                       

2017.3.20

トップページへ戻る