つぶやき・・・・161

 

 


TPPに対する国内農業振興対策

                                                                
                             ご近所に、寝る以外は全て仕事という生活をする中年が少なくない。能力が低いからではない。                       
                             いわゆる就職氷河期に世に出た人達だ。ブラック企業もどきで身を削って仕事に精を出しておられる。
                             なんと、もったいない格差社会の構造 !                     

                             調べると、我が国の労働時間の長さはそれなりの国の中ではトップだ。だが一人当たりのGDPは低い。
                             人的資源には恵まれていながら、生産活動の効率が悪いということになろう。

                             農業の生産構造、生産効率もそのひとつだ。TPPに対する国内農業対策として生産赤字を補填するという。
                             補てん金や助成金に依存した生産活動にあっては、生産者の主体的な姿勢に何かが欠乏し始める。
                             結果として発展的な産業になるという将来は考えにくくなるように思う。

                             我が国の農業の根っこが連作障害の野菜のそれのごとくでは困るぞ。                                                                                           


2015.11.24

トップページへ戻る