つぶやき・・・・12


海南(はいなん)島

  かつて日本海軍が基地にしていた海南島三亜市。日本人経営の近代的なホテルとゴルフ場が散在する。一生懸命働いてくれた現地人のキャデイさんに千円のチップを渡そうととしたらマネージャーに注意された。お金に慣れていない生活において、娘が稼いだ千円は家庭騒動を起こすことになるという。

  ホテルから一歩でれば、水牛がゆったり荷車を牽く。水牛が高速道路をうろつく。山から扇型に下る流れに沿って水田が広がる。米の三期作は可能だが土地が疲れるから二期作とする。水田に水牛の糞尿が行き渡るまで使わない。化学肥料を使うことはないという。
 また、沖縄では「耕しすぎはよくない」と、鉄の農具の使用を禁じた時代があったとのこと。

  自然に生かされていると考える人の生活に、農業の何たるかを垣間見る。
  生産性、競争力アップに急きたてられる農業もあるが・・・・。  


2007.3.7

トップページへ戻る