つぶやき・・・・101


TPP議論の背景

  試験管内で細菌を培養すると、蓄積する代謝産物によって増殖は停まり細菌は死滅する。片や、地球という器が70億人に増加した人口を支えにくくなったのも同様な現象ではないだろうか。 多くの商売が過酷な競争にさらされ、最後のひとりが勝ち残るまで闘いが続く。弱肉強食はいうに及ばず、共食いが始まっている。これがTPP経済というものかな。

  そんな流れを助長するように、経団連とJA、それぞれの立場で利害丸出しの主張を繰り返すだけで議論にもならない。

  経済至上主義とそれが生んだ格差社会がもたらす人々の非人間的な生活心理、これを悪化させないという視点でTPP是非論が欲しい。

  どじょっこ、ふなっこを背景にした政治ならば、民衆の心の渇きを察知できるでしょう。


2011. 11. 15

トップページへ戻る