特撮モデル

☆写真をクリックすると拡大します☆


1/350 ゼットン
ゼットン
メーカー

バンダイ

スケール

1/350 

製作

平成4年8月


 The特撮コレクションのゼットンです。仮面ライダーの様なポーズからエポパテとファンドを用いて両腕を開いた状態にポーズ変更しています。電飾は頭部に点滅球、胸部に麦球が入っているのですが、容量の問題からやむなく胴体と飾り台のそれぞれに電池を入れています。電飾写真更新しました

1/500 キングギドラ(平成版)
キングギドラ(平成版)
メーカー

バンダイ

スケール

1/500 

製作

平成7年8月


 電動走行して鳴き声をあげる、プラモデルとトイの中間のようなキットです。頭部のソフビパーツの出来は素晴らしく、平成ギドラ最大の特徴である首の”折れ”を再現し、翼を針金と和紙で大型に作り直しました。全体修正個所はエポキシパテによるもので、塗装はモデラーズの金色を吹き付けています。動画ファイル追加しました

キングジョー
キングジョー
メーカー

バンダイ(ソフビトイ)

スケール

NON 

製作

平成8年8月


 知り合いの子供さんにせがまれて分離合体できるキングジョーを作りました。ソフビパーツを切り離し、足りない部分はソフビのバリやプラ板・エポパテで成型しました。子供が遊ぶものなので、差し換えパーツが出ないよう一部パーツを省略しています。塗装はソフビ専用カラーを混色して筆塗りしています。

1/144 ウルトラホーク1号
ウルトラホーク1号
メーカー

タスクフォース

スケール

1/144 

製作

平成8年9月


 形状はキットのままですが、マグネットで合体できるようにしています(ちょっと重い)。塗装はグンゼのオートカラーのジャーマンシルバーを吹き付けたもので、ブロップっぽいと好評を博しました。ストライプ等は全て付属のデカールです。

ミレニアムファルコン
ミレニアムファルコン
メーカー

MPC(当時)

スケール

NON 

製作

平成9年9月


 レベルベース付属の手頃なサイズのファルコン号です。このサイズ故、思い切って機体側面を一から作り直しました。レーダーパーツも新造。ディティールパーツは金属線やピットロードの艦船装備セット、ウェーブのRリベット等から成っています。缶スプレーのアイボリーホワイトを吹いて細部の塗り分けを済ませた後にパステルで汚しを掛け、モールドを引き立たせました。

展示用POP(pdfファイル)はこちら


1/700 海底軍艦
海底軍艦
メーカー

フジミ

スケール

1/700 

製作

平成19年11月


 外観はストレート組で、艦首ドリルの電動回転機構を組み込む為に翼等の収納ギミックをオミットしています。ドリル駆動部分はビットレーサーの部品を流用、電源は単三電池を内蔵しています。塗装はクレオスの軍艦色(2)と艦底色のスプレーで塗り分け、細部を筆塗りで仕上げています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


1/250 初代ゴジラ
初代ゴジラ
メーカー

バンダイ

スケール

1/250 

製作

平成21年12月


 The特撮コレクションの初代ゴジラです。ポーズを大人しめに変更し、失われた体表モールドをエポキシパテで復元しました。本体はガンダムカラーのファントムグレーの上からグレー方向にドライブラシ、背ビレは青色の夜光スプレーを吹いています。ベースは建物のみ流用して自作し、キット付属のF86Fを配置しました。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


NON マットアロー2号
マットアロー2号
メーカー

バンダイ(食玩)

スケール

NON 

製作

平成21年12月


 某模型サイトの第16回ヒコーキコンペにエントリーした機体です。ノンスケールですが約1/144相当です。インテークのフィンとキャノピー前部の支柱を作り直し、ヒートプレスでキャノピーを新造して操縦席内をそれらしく工作しました。また、翼下に取り付ける武装二種類を、真鍮管・プラ材・市販のオプションパーツなどを組み合わせて自作しました。塗装はクレオスのシルバーを吹いた後、細部をエナメル系カラーで塗り分け、MATマークと赤い部分はMDプリンタで自作したデカールで再現しました。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


第一分室扉へ