ドラえもんと堀田善衛

ドラえもんと堀田善衛 


@大仏さんの台座下、回廊入り口の手前左側に小さな庭(「松」、その他数本の木が植えられ

ている)がある。


これは昭和61年8月、高岡市出身の漫画家 藤子不二雄氏 より寄贈されたものである。
昭和61年11月17日〜12月5日(月〜金)NHK 銀河テレビ小説「マンガ道」が連続15回 放映
された。その撮影と打ち合わせのため同年8月19日に高岡に帰郷された時、子供の頃の遊び場
所の一つであった高岡大仏寺に立ち寄られ、記念に小庭園(松その他を植樹)を寄贈されたのである。


また、寺務所では“ドラえもんのおみくじ”が置かれて いる。

尚、「マンガ道」の単行本は10巻あり、この中に実に 24回も、高岡大仏が登場し ているの
である。




A
高岡市名誉市民で芥川賞作家の堀田善衛は、 高岡市伏木出身であり、生家は代々回船問
屋を営んだ鶴屋である(今はもうない)。


昭和35年6月に「高岡大仏寺の写真に寄す」と題した詩を「週刊文春」に寄稿し、 故郷の大仏
さんを全国に紹介した。


高岡大仏寺本堂に自筆の詩を入れた額が掛かってい る。また、台座下回廊奥にその写し
が掛けられている。


トップページへ戻る