Windows Vista 版Windows Vista のいろいろな設定方法についてWindows Media Player 11について

音楽CDの作り方

音楽CDをパソコンに取り込む」で無事、パソコンに音楽CDを取り込むことができたでしょうか? このページは、その続きとして、ライブラリに表示されている曲目からCDにする方法を紹介しましょう。

  1. 何のデータも書き込んでいない空のCD-Rをパソコンに挿入します。
  2. しばらくすると自動再生のメニュー画面が開きます。 「オーディオCDの書き込み」を選択します。 Windows XPの場合は、その後「OK」ボタンを押します。
  3. Windows Media Playerが起動します。 このとき、「書き込み」タブが選択されているはずです。 また、右側には、「書き込みリスト」欄が表示されているはずです。 表示されているかどうかよく確認してください。
  4. Windows Media Playerの左側には、再生リストやライブラリといったツリー表示があるはずです。 このツリー表示の部分をナビゲーション ウインドウと言います。 ナビゲーション ウインドウの中の「ライブラリ」から「曲」をクリックして、CDに取り込みたい曲を探しましょう。 曲が見つかったら、マウスで選択し、右側の「書き込みリスト」内にある「ここに項目をドラッグして書き込みリストを作成します」までドラッグして持って行きます。
  5. 右側の「CDドライブ」の欄に残り時間が表示されます。 残り時間がなくなるまで、曲を追加できます。 なお、音楽CDを作成する場合、1曲ずつとか後から音楽データを足すということはできません。 特にCD-Rに書き込む場合は、やり直しできませんので慎重に作業をおこなってください。
  6. CDに取り込む予定の曲を確認しましょう。 順番を変更したい場合は、マウスでドラッグして曲を入れ替えてください。 必要ない曲や多すぎた場合は、削除したい曲で右クリックします。 メニューが表示されますので「リストから削除」を選択して削除してください。
  7. CD-Rに書き込む音楽データの準備ができたら、「書き込み開始」ボタンをクリックします。 すると、音楽ファイルがCD書き込みファイルようになるよう変換が始まります。 変換が終わったファイルは「待機中」と表示されます。 全ての音楽ファイルの変換が完了すると、CDへの書き込みが始まります。
  8. 全ての曲がCDに書き込まれると自動的にCD-Rがパソコンから出てくることでしょう。 きちんと再生できるかどうか、確認してみましょう。
  9. 「書き込みリスト」には、今回書き込んだリストが表示されたまま残っています。 もう、このリストは必要ないのでしたら、「書き込みリスト」の右側にある×印(リスト ウィンドウ領域をクリア)をクリックして削除します。 もし、このリストをライブラリの「再生リスト」として保存しておきたい場合は、「書き込みリスト」の▼ボタンをクリックしてメニューを表示させ、「再生リストに名前を付けて保存」を選択します。 「ファイル名」欄に名前を記載し、「保存」ボタンを押します。 ナビゲーションウインドウの「再生リスト」内に追加されます。

よくある質問

CD-Rへ音楽を連続で書き込みたい

1枚目の書き込みが終わって CD-Rが排出されたら、そのまま新しい CD-Rを挿入して「書き込みの開始」ボタンを押すか、Alt+Sキーを押します。 以上を、必要なだけ繰り返します。

書き込んだCD-Rが再生できない

CD-Rの「音楽用」と「データ用」の違いについて」の「CD-Rを再生できないCDラジカセがある」を参照ください。

そもそも、CD-Rに書き込めません

  1. [スタート]メニューの「マイコンピュータ」を開く
  2. DVD/CDドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択
  3. 「ドライブのプロパティ」画面が開くので「書き込み」タブを開く
  4. 「デスクトップCD書き込み」内の「このドライブでCD書き込みを有効にする」にチェックが付いているかどうか確認。チェックが付いていなかったら、チェックをつける。
  5. 「OK」ボタンをクリックして閉じる
2007年10月15日 掲載
2007年10月28日 改訂

戻る   次へ

このページのトップに戻る