Windows Vista 版Windows Vista のいろいろな設定方法についてWindows Media Player 11について

音楽CDをパソコンに取り込む

Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法を紹介しましょう。 インターネットにつながったパソコンであれば、Windowsの機能を使って、ほぼ自動的にCDの音楽データを取り込むことができます。

ただし、「コピーコントロールCD」は、パソコンに音楽データを移せません。 また、「レーベルゲート」といったタイプの音楽CDは、Windows Media Playerではなく、独自のシステムで取り込むことになりますので、ご留意ください。

やり方

  1. 音楽CDをパソコンに挿入します。
  2. 自動再生のメニュー画面が開きます。
    自動再生のメニュー画面
    「CDから音楽を取り込む」を選択して「OK」ボタンを押します。
  3. 「取り込みオプション」画面が開きます。
    「取り込みオプション」画面
    パソコンに取り込んだCDの音楽データを今後どうするか考えます。
    「取り込んだ音楽にコピー防止を追加する」を選択すると、取り込んだ曲が他のパソコンで再生できなかったり、携帯音楽プレーヤーに転送できなかったりします。どう使うかの判断ができない場合は「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」を選択しましょう。
  4. 著作権に関する注意書きをよく読んでチェックをつけます。すると「OK」ボタンが押せるようになりますので、「OK」ボタンを押します。
  5. Windows Media Playerが自動的に起動し、CDの音楽データをパソコンに取り込んでいきます。取り込みが済んだ音楽データは、「取り込みの状態」に「ライブラリに取り込み済み」と表示されます。
  6. 全ての音楽データが「ライブラリに取り込み済み」と表示されたら、完了です。パソコンから音楽CDを取り出しましょう。

「ライブラリ」タブを開くと取り込んだ曲目やアルバムジャケットも表示されることでしょう。 これは、インターネット上のデータベースから自動的に取り込まれます。 音楽CDの中に入っているデータではありませんので、インターネットにつながっていないと上手く表示されません。

よくある質問

音楽CDを挿入しても自動再生のメニュー画面が開かない
Windows XPの場合

  1. [スタート]メニューの「マイコンピュータ」を開く
  2. DVD/CDドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択
  3. 「ドライブのプロパティ」画面が開くので「自動再生」タブを開く
  4. 一番上の「内容の種類を選んでから・・・」等が記載されている欄の▼ボタンを押して「音楽CD」を選び、「動作」欄が「動作を毎回選択する」になっているかどうか確認する。 なっていない場合は、「動作を毎回選択する」にチェックをつけ、「OK」ボタンを押す

Windows Vistaの場合

  1. [スタート]メニューのコントロールパネルを開き、クラシック表示にし、「自動再生」を選択
  2. 「オーディオCD」の項目が「毎回動作を確認する」になっているかどうか確認する。なっていない場合は、▼ボタンを押して「毎回動作を確認する」を選択し、「保存」ボタンを押す

インターネットにつながっているのにジャケット画像が表示されない

日本のアーティストのジャケット画像は、データベース上に登録されていないことがあるようです。 そんな時は、自力で登録してみましょう。 ジャケットの画像をネット上で探し出し、画像上で右クリックしてコピーします。 Windows Media Playerを起動し、「ここにアートを貼り付け」と記載されているCDの画像を右クリックします。 すると、メニューが表示されますので「アルバムアートの貼り付け」を選択します。 画像の貼り付け処理が始まり、しばらくするとジャケットの画像が表示されます。

ボイスレコーダーで再生可能なMP3形式で取り込みたい

Windows Media Player の初期設定では、音楽CDをWMA形式で取り込みます。 これが不都合で、MP3形式で取り込みたい場合は、下記のように設定を変更してください。

  1. Windows Media Player 11を起動します。
  2. 「取り込み」タブの下に表示される▼ボタンをクリックしてメニューを表示。
  3. 「形式」−「MP3」と選択すれば完了です。
2007年09月28日 掲載
2007年10月28日 改訂

戻る   次へ

このページのトップに戻る