メンテナンスについて

ディスク クリーンアップ

パソコンを使い続けているとハードディスク内に不要なファイルが勝手に作られていきます。 ほんの少しずつなのですが、溜まってくるとハードディスクを圧迫し始めます。

Windows98以降には、これを削除してくれるハードディスクツールがあります。「スタート」ボタン−「すべてのプログラム」−「アクセサリ」−「システム ツール」の中にある「ディスク クリーンアップ」です。

立ち上げると、クリーンアップするドライブの選択を求められます。 ▼をクリックすると(C)と(D)のどちらにするか選べると思います。 (もっとたくさんハードディスクを持っている場合は、まだ出ます) とりあえず(C)を選んで「OK」をクリックしてください。

空き領域の計算の後「ディスク クリーンアップ」ウインドウが開きます。
タブ「ディスク クリーンアップ」で削除するファイルの一覧が表示されますので、削除したいものにチェックをつけてください。

削除しても構わない項目の私なりのコメントを書きますが、削除する際の最終判断は、自分自身でしっかりなさってください。

Temporary Internet Files
Internet Explorerでホームページを見るときに溜まっていく様々なファイルのことです。 一度見たホームページの画像や音声を保存しておいて次回表示された時素早く表示されるようにしてくれます。 アナログ回線を使っていて電話代を倹約したい方は、あまり頻繁に削除しない方がいいでしょう。

ダウンロードされたプログラム ファイル
ある特定のホームページを見るためにインターネットから自動的にダウンロードされたプログラムファイルです。 さほど頻繁に行かないページの場合もあるので、時々整理するために削除してもいいでしょう。

オフライン Web ページ
Internet Explorerの「お気に入り」で「同期」を設定した場合のサイトが保存されています。 削除しても次に「同期」を実行してあげればオフラインで見ることができます。

ごみ箱
デスクトップ上にある「ごみ箱」のことです。何かファイルが入っている場合に削除してくれます。 間違って削除しても元に戻せません。ですから、ごみ箱内を確認してからなさった方がいいでしょう。

一時ファイル
何かプログラムを使うと、情報を一時的にTEMPフォルダに保存することがあります。 通常は、自動的に削除されるものなのですが…

チェックをつけ終えたら「OK」ボタンをクリックすると、ディスクのクリーンアップが始まります。 終了したら、パソコンを再起動してから、お使いください。

2000年08月25日 掲載
2006年11月21日 改訂

戻る   次へ

このページのトップに戻る