視覚障碍者へのIT支援方法よくある質問

Windows のサービスパックって何ですか?

Windows のサービスパックとは何なのでしょう?
すぐに自分のパソコンにも入れた方がいいのでしょうか?

という質問をいただきました。

サービスパックとは

Microsoft社のソフトウェア製品が発売された後に公開された修正プログラムをまとめたもののことです。 サービスパックは、製品別に提供されています。大きく分けて、OS である Windows のサービスパックに Word や Excel といった Microsoft Office のサービスパックもあります。

ある程度の規模のソフトウェア製品は、発売後に不具合が発見されるのが普通と言われています。 その不具合に対応するため、その都度対策プログラムが公開されるわけです。 この対策プログラムがある程度集まったところで、まとめて提供するのがサービスパックです。 英語では、Service Pack と書きますので、短く縮めて SP と表記されている場合もあります。 また、サービスパックの公開回数が増えてくると、SP1、SP2 と表記されます。

参考:IT用語辞典より「Service Pack 【service pack】」  

OS ごとのサービスパックについて

2011年4月現在、Microsoft Windows のサービスパックは、Windows 7 と Windows Vista、Windows XP で公開されています。

Windows 7のService Pack 1は、2011年2月23日、Windows Vista のService Pack 1は、2008年3月19日に公開されています。また、Windows XP の Service Pack 2が2004年9月2日に、そして、Service Pack 3 が2008年5月7日に公開されています。

Service Pack は、Microsoft から配信されているものですが、毎月配信される更新プログラムとは違い、「自動更新」の設定にしていても自動的にはインストールされません。パソコンのユーザーが「インストールする」と選択しないとインストールできないようになっています。

なお、Windows Vista に関する情報は、Windows Vista の Service Pack1 をご参照ください。

どんなサービスパックが入っているかどうか確認する方法

  1. 「コントロール パネル」をクラシック表示に切り替え「システム」を選択します。
  2. 「システム」のプロパティが開きます。
    この時「全般」タブが開くはずです。PC-Talker XPは、「全般」タブが開くと自動的に音声ガイドが始まり、システムの項目を読み上げます。
  3. Service Packが入っている場合は、OS名、バージョンに続いて Service Pack いくつと音声ガイドされることでしょう。
    Service Packと音声ガイドされない、Service Pack 1と音声ガイドされた場合は、早急にService Pack 2をインストールすることを考えましょう。

サービスパックはすぐ入れた方がいいのか?

Windows XP で Service Pack をまだ入れていない場合や Service Pack 1、Service Pack 2の場合は、早急に入れましょう。もうすでに、Service Pack なしやService Pack 1、Service Pack 2での Microsoftのサポートは終了していますし、ウイルス対策ソフトも Service Pack 2 以上しか対応しないタイプばかりです。そして、今からいれるのでしたら、Service Pack 2ではなく、Service Pack 3を入れてください。

Windows XP サービスパック3を入れる場合

では、サービスパックを入れましょう!となるわけでなのすが、サービスパックには、いろいろ不具合が起こる恐れもあります。 インストールが上手く完了しない恐れもありますし、スクリーンリーダーでの音声ガイドがよくわからなくて、誤った操作をしてしまい、不都合が発生する恐れもあります。 また、インストール直後にPC-Talkerが止まってしまい、全く音声ガイドされなくなる恐れもあります。

よって、できればパソコンのバックアップを取ってから作業されることをお勧めします。

また、スクリーンリーダーユーザーさんがお一人で作業するのは、お勧めできません。晴眼者の目を借りるか、できれば、パソコンのことに詳しい晴眼者サポータと一緒に行うことをお勧めします。

適切なサービスパックを見つけるには?

晴眼者に見てもらうとタスクトレイの中に黄色い盾が表示されていることがあります。PC-Talker では、下記のようにして確認します。

  1. スタートメニューの所からタブキーを2回たたき、ツールバーの一覧に移動。
  2. カーソルキーで「更新の準備が…」というメッセージの部分へ移動しエンター。
  3. 自動更新の画面が開きます。
    ここで「カスタム インストール」を選択し、次へをエンター。
  4. 「インストールする更新を選択してください」の画面に変わります
    ここの「更新のタイトル」の「Windows XP Service Pack 3 (KB936929)」を選択し、チェックがついていることを確認します。
  5. Tabキーで移動すると「インストール」が見つかることでしょう。
    スペースキーを押します。
  6. 後は、パソコンの指示に従って作業を進めてください。

タスクトレイに黄色い盾が見つからない場合は、Windows Update で作業します。しかし、残念ながら、Windows Updateでは、PC-Talkerでの音声ガイドが上手くされませんので、晴眼者と一緒に作業してみてください。

  1. インターネットにつながっている状態で[スタート]メニューの「すべてのプログラム」から「Windows Update」を開きます。
  2. 「高速」ボタンをエンターします。
  3. お使いのパソコンに適した更新プログラムの検索が始まります。
  4. 更新プログラムのインストールの確認と音声ガイドされたら、晴眼者にどんな項目が表示されているのか見てもらってください。

サービスパックを当てることによっての仕様変更や起こる現象

サービスパックを当てると、いくつか以前の状態から変わってしまう部分があります。

Windows XP SP2 から SP3 への場合

Windows XP の場合、ServicePack2 からServicePack3 にすると 「デスクトップのカスタマイズ」によって開く「デスクトップの項目」内に Internet Explorer の項目が表示されなくなります。

「デスクトップの項目」の開き方

  1. コントロールパネルの「画面」を選択する 
  2. 「画面」のプロパティが開くので、「デスクトップ」タブを開く 
  3. 「デスクトップのカスタマイズ」のボタンを押す
  4. 「デスクトップ項目」が開く

「デスクトップ項目」内の「マイドキュメントの切り替え」と音声ガイドされるところがあります。ここは、「デスクトップ アイコン」という項目で、デスクトップ上に選択したアイコンを置くことができます。チェックをつけることでデスクトップにアイコンを置けるというものです。

さて、ここの「デスクトップ アイコン」をカーソルキーでたどると、SP2までは、Internet Explorer という項目があったのです。しかし、SP3では、Internet Explorer がなくなっています。よって、SP3 にした Windows XP のデスクトップ上で Internet Explorer のアイコンを消してしまうと、再び、Internet Explorer のアイコンをデスクトップ上に表示できなくなってしまいました。(「デスクトップアイコンの選択 マイコンピュータ」と音声ガイドされたら行き過ぎています。Shift+Tab キーで戻ってください)

しかし、この現象、実は、カーソルキーでたどれないだけで、コマンドは生きていました。

デスクトップに表示したいアイコンでチェックをつける項目名のところに「マイドキュメント」ならD、「マイネットワーク」ならN、そして、「マイコンピュータ」ならMと音声ガイドされることでしょう。これは、ショートカットキーの頭文字です。例えば、「マイドキュメント」と音声ガイドされたところでDキーを押してみてください。押すごとに、チェックなし、チェック、と音声ガイドされることでしょう。これの応用で、Internet Explorer は、I キーを押すと、見えませんが、チェックを付けたり消したりできるのでした。

ということで、SP3 にした Windows XP のデスクトップで Internet Explorer のアイコンを消してしまった場合は、「デスクトップのカスタマイズ」で「デスクトップ項目」を開いて Iキーを押して、チェックと音声ガイドさせてください。その後「OK」ボタンで開いていったウインドウを閉じますと、デスクトップに Internet Explorer のアイコンが表示されることでしょう。

なお、上記現象に関して、画像付きの説明は、 XP SP3 にしたら「デスクトップのカスタマイズ」に IE がないをご参照ください。

また、下記の現象が起こることもマイクロソフトより情報公開されています。合わせてご参照ください。

2008年09月05日 掲載
2011年04月01日 改定

戻る   次へ

このページのトップに戻る