新修本草


五月十五日 典薬寮が次のように言上した。
「唐の蘇敬が注解した『新修本草』は、梁の陶隠居の『集注本草』と比べ調べてみますと、『新修本草』の方が百余条も増補しています。(『新修本草』は『集注本草』を増訂したもの)。また今私どもが採取して用いています薬草は、蘇敬の説明にも合っています。それでこの書『新註本草』を採用したいと思います。』と。
天皇はこれを許可した。
                           続日本紀  宇治谷 孟  講談社学術文庫