神武天皇=神日本磐余彦天皇  諱=彦火火出見(ヒコホホデミ)

神武天皇の皇兄にあたるミケヌノ命は、穀神であって、浪を踏んで常世国に渡ったとされている。神武天皇もまた穀神の性格を有したことは、またの名をワカミケヌノ命ともトヨミケヌノ命ともいった、とあることによって知られる。とすれば、神武天皇がわざわざ南方に迂回して、紀伊国の南方に向かった、というのは、海のかなたの常世国から来臨する穀神が、熊野に示現するという信仰にもとずくものと思われる。古来熊野地方は、根の国や常世国に直結する国と考えられていた。  古事記・講談社学術文庫・次田真幸