高 村 光 雲 と 米 原 雲 海


                     米原雲海も 師 光雲の助手として 重要文化財 《老猿》 の制作に携わる

                      米原雲海写真

                     幕末維新懐古談   高村光雲 先生 語る  

                  
米原 雲海 についての記述 を 抜粋  


                              谷中時代の弟子のこと

                  さて、谷中(茶屋町)時代になって俄に弟子が殖えました。
                  これは私がもはや浪人しておらんからで、東京美術学校へ奉職して、どうやら米櫃に
                  は心配がなくなったからであります。そこで私はこの際奮発して出来得る限り弟子の養成に
                  取り掛かろうと思いました。それに私の名が、ずっと社会的に現われて参って時々
                   新聞などに私の作品の評判なども紹介される処から、地方にも名が嘔われるようになつて来ていました。

                  谷中に来て第一に弟子にしてくれといって訪ねて来た人は米原雲海氏でありました。
                 この人は出雲《いずも》の国、安来《やすき》の人、この頃|流行《はや》っている安来節の本場の生まれの人であります。
                               米原氏は私の処へ参った多くの弟子の中で最も変ったところのある人であった

                  東京へ出るまでには、故郷で大工をしていた。主に絵図引きの方で行く行くは好い棟梁になる
                   つもりであったが、京都、奈良を遍歴してしきりと古彫刻を見て歩いているに、
                   どうも彫刻がやりたくなって来た。しきりにその希望が烈しくなったけれども、好い師匠がないので
                   困っている中、京都で彫金家の海野美盛氏を知り、かねての希望を話
                   して相談すると、君にそういう固い決心があるのなら、
                   東京の高村先生に僕がお世話をしようというので雲海氏は大いによるこび、
                   、故郷に帰り、非常な決心で、その頃既に氏は妻子のあった身ですから
                   妻子にも自分の覚悟を話し、東京へ出て彫刻を三年間修業
                    して来るから、その間留守をよろしくたのむ、子供のことをたのむと打ち明けました。

                    妻女も夫の堅い決心を知っては強いて引き止めることも出来ず、では行ってお出でなさいまし
                   、貴郎のお留守中は確かにお引き受けしました、どうか、錦を着て故郷へお帰りなさるよう
                    、私は三年を楽しみにして待っておりますとの事に、雲海氏も大いに安心し
                   て東京へ出て来たのでありました無論 雲海氏に妻子のあったことは私は知らずにおった。

                    故郷へ帰られる時初めて打ち明けました)。或る日、私の谷中の宅の玄関に案内を乞う人があるので
                   、私が出て見ると、相当年輩の若い衆、丁寧に挨拶をして、何かいっているのであるが
                   、どうも何をいっているかさらに分らぬ。しかし、自分を私の弟子にしてくれといっているようである。
                    どうも私にはこの人のいってるお国言葉がちつとも分らない。

                   その中懐から添え書きようの物を出したから、見ると、それは海野美盛氏から
                   の添え状で、この人は自分の友人で、彫刻熱心の人であって、至って物堅く、懸念のない人であるが
                   万事は自分において引き受けるから、弟子にしてやってくれと認めてある。

                   それでこの人の来意は分りましたが、さて、こうして遠国からわざわざ上京して彫刻を
                    やろうという覚悟はさることながら、実地に当ってはなかなか容易なことでありませんから
                   、私はその旨を一応話し、まず少しの間通ってやって見るがよるしかろうと答えますと、
                   米原氏はよろこび、それから何処であったか谷中からは大分離れた処に下宿をして
                   毎日弁当持ちで通って来ました。

                     この時代は、私は先方の都合はどうであっても委細かまわず弟子にしました。自分持
                        ちで通える人は通ってもらい、また食べることが出来ず、居る所のない人は、家へ置い
                    て食べさせるようにしまして、なるべく自分の方を切りつめ切りつめして、一人でも多
                    く弟子を作ることに心掛けましたので、次第にその数が多くなったことであるが、

                     その 中でこの米原氏はなかなか感心なところのあった人で、また大分他とは異った処があり
                     ました。今日でも世評はいろいろあるかも知れませんが、初めて私の玄関へ来てから以来、
                    その熱心さというものは到底普通では真似の出来ない処がありました

                    
                もっとも故郷を出る時の意気が違うから、自然その態度がはげしいのでありましょうが、たとえば、
                    毎日通って来るようになってからも、上京早々のこと故、上野、浅草と少しは見物もし
                 て歩きたいのは誰しも人情であろうが、私が仕事場へ出て見て、今日は休日であるから、

                 他の弟子たちはいずれも遊びに出払っているような場合でも、米原氏だけは、チャンと
                   仕事場におって、道具を磨いているとか、木ごしらえをしているとか、何かしら、彫刻
                    の事をやっているのである。私とても一々弟子たちのことを監視しているわけでもないが
                       、時に触れ、こういうことをしばしば見受ける。 どうも米原氏は権幕が違う
                      
                    
                仕事に取っ附き方が他と異っている。何んということなしに一生懸命、真剣勝負という態度が
                     見えますので、私も教えかたを考えて、彫刻製作の順序を踏んで最初から一々規則的に
                  仔細に教え込んで行きました。この教え方は、道も長いし、迂遠なようであるが、落ち
                        つく処へ落ち付くとかえって歩みは速やかで、ドンドンと捗取るのであります。

                  だから 習わる方になってもこの習わり方がかえって近道なので、急がば廻れで、遠国から出て
                  来て、三年の修業というようにあらかた日限を切って自分の仕事を物にしよう、目的を
                  果そうという真剣態度の人には、これがかえって苦しいようだが楽な法で、また廻り遠
                   いようだが近い道であるのでありました。

                   米原氏はすつかり、その製作順序を順序的にのみ込み、今いうように見物をするでもなく、
                   、仕事場を自分の居所にして、彫り物と百つびきで、一向専念に勉強されたのであった。

                  その時分のことで、米原氏は元大工さんであったから、大工の方のことも無論出来るが、
                  或る時、下駄をこしらえた。日和下駄でもなく、足駄でもない中位の下駄、
              、……晴雨兼帯というので実に奇妙なものだが、これはなかなか経済的、一つあれば随分長い間
                   天気にかかわらず役に立つ……ただ、この新案の下駄の歯で時々雨上がりの庭をほじくられたのには
                弱ったが……、それは昔の一笑話で、今日では氏も上手になって、なかなか
                  庭を下駄歯でほじくられるようなことはない――笑い話はさて置いて、
                  出来る人は 世話の焼けないもので、米原氏へ或る一つの手本を与えると、それを手本に模刻が出来る。

                  薄肉とか半肉とかで、此所はこうと一ヶ所極まり処を教えると、一を聞いて十を知るという方で
                  、その次に同様の趣の処はチャンと前例によって旨くやってある。それで
                   一、二年の間にはめきめき腕が上がって私の手伝いも立派にするようになりました

                 【米原幸太郎 島根県安来町 明治23年10月 高村光雲に師事す、
                 25〜26年2月に掛けて 
シカゴ万国博覧会出品作、 
                 
 重要文化財指定 老猿 の制作に携わる。26年10月 三年間の年季を終え帰郷する。
                  帰郷に際して 衣川対騎図 額 制作 27年10月6日 幸太郎を《雲海》と改める
                28年10月26歳 東京美術学校《芸大》助教授となり妻子を伴い上京する】

              これはひとえに勉強の功でありますが、またその人の素質によることでありました
                  さて、歳月流るる如く、米原氏が出雲言葉丸出しで私の玄関へ参ってから、早三年に
                   なりました。三年という約束だから、或る日、私は米原氏に向い、
                  「君は、もうなかなか出来る。三年の間まことによく修業をされた。君の三年は他の
                 人たちの六、七年にも相当しよう。

               もはや国へ帰っても、さして彫刻家として恥ずかし
                  からぬと思われる。それにつけて帰国する前に何か目星しい作をしては如何……。
                   こういうような話をしました。米原氏もかねがねそう思っていたであろう。

                やがて一 つの大作を初めました。それは衣川の役を主題としたもので、源義家と安倍貞任とが戦
                  中に立て引きをする処、……例の、衣の楯はほころびにけりという歌の所であります。
                    薄肉で横二尺以上、縦四尺以上でなかなかよく出来ました。これは彫工会であったか、
               美術協会であったか、ちょっと忘れましたが、いずれかへ出して好評で、銀賞を取りました。
                 そして安田善次郎氏が百何十円かで買い取りました。
                 当時の百円以上の製作は珍 しい方であった。

                   米原氏はこの手柄を土産にして国へ帰りました。私は思うに、この事あるも決して偶然ではない。
                   ……というのは、米原氏の出生地は出雲であって、松平不味侯や小林如泥
                 荒川鬼斎などの感化が土地の人の頭に残っているので、美術的に自然心が養われている
                      おそらく米原氏もそういう感化を受けて来た一人であろうと思ったことでありました。

               そうでなければ、なかなか一介の大工さんが志を立て、京都、奈良の古美術を見て歩き
                  他日の成業を期する基を作るなどいう心掛けはなかなか起るものでないと思うことであ
                 ります。米原氏が相当功を収めて帰国しましたことは、また島根県下の美術を愛好する
                 青年たちにも影響したと見えて、その後続々島根県人が上京して彫刻の方へ身を入れたのを見たことであります。
                     

                  もう一つついでながら、米原氏のことにていって置きたいことがあります。私が先日 話した
                  を彫っていた時分、ちょうどそれは総領娘を亡くしまして、いろいろ物入りを
                   して、大分内証が窮していたのでありますが、自然そういうことが弟子たちにも感じられていたことか。

                 しかし、私は精々弟子の張り合いのために、腕の相当出来るものには
                   一年も経つと、手伝いをさせた手間として幾分を分ち、また出品物が売約されたり、
                   御用品になったりした時には、その半額を本人にやったりして、私自身の素志に叶うよう
                  心掛けたことで、弟子の中にても一際目立って腕の出来ていた米原氏に対しては、仕事
                  の上から、一層心を配っていたのでありますが、氏は心のたまかな人で、そういう時に
                      得たものを無駄に使わず何かの役に立てるつもりで貯えてあったものと見えます。

                 或る日、氏は人なき処で私に向い、
                  「先生、近頃お見かけしていますに、先生も御不幸があったりしてなかなかお骨が折
                   れるように思われます。差し出るようですが、私は少し位は持っています。どうか御融通なすって下さい」 との事。

                私は米原氏の日頃からの気性は知っているが、この際こういわれてうれしく思 いました。
                                 

                「どうも君の心づかい、うれしく思います。お察しの通り、私は今困っている。
                弟子の君から、そういう心づかいをされては倒さま事だが折角のお志故、では辞退せず暫時
                    拝借することにしよう」といって百円を融通してもらいました。

                この時は本当に心掛けの好い人だと思ったことでありました。
                 この融通してもらったものは、農商務省から、猿を納めた時に下った金で返済しましたが
                         、弟子から恩を着たこと故、特に申し添えて置く訳である

                    氏は大正十四年四月十七日年五十六で歿しました、実に惜しみても余りありです

次へ

ホームに戻る