鳥田宗吾 作品集

                         鳥田宗吾 作品 「群泳(さより)花瓶」 高岡の金工 色絵象嵌 特選に輝く   

         1940年、高岡市生まれ。本名は稔弘。高岡商高在学中から、父の精二に師事し、彫金「色金象嵌(ぞうがん)」技法を学ぶ。

          68年、雅号・宗吾を名乗る。現在、日本伝統工芸士会常任幹事、高岡銅器伝統工芸士会長、富山県伝統工芸士会副会長などを務める。

          主な受賞、61年、日展初入選。85年、伝統工芸創作技術展伝統工芸大賞。1998年、全日本伝統工芸士作品展特選。

            02年、全国伝統的工芸品公募展内閣総理大臣賞。03年、県功労表彰など。

                                                内閣総理大臣賞 2002

                                                高岡銅器 『色絵象嵌花器 「流動」』 鳥田宗吾(富山県高岡市)

                            

          

鳥田宗吾の金工 色絵象嵌の世界

明治時代の継承    高岡伝統工芸

これらの作品は2〜4ヶ月の歳月を掛けて制作した作品であり、美術館,会社,コレクターに所蔵されています。

今日この技術を残すために、あえて作品展示をいたしました。なにとぞご声援下さい!

                                                 水仙 
   
                            一年中咲き誇るスイセンに見とれる    越前水仙の里公園  所蔵

                                    

      ミニ御車山 「高岡地場産センター 展示」
次へ

ホームに戻る