横山 白汀 「初代」 

             近代木彫の名工
富山県    木彫の里 井波



                   横山白汀 初代 銘
                                

     。         

     
            
     青森県 弘前市 翠明荘に 今日に残された 横山白汀 初 二代の名作 扉、欄間など

                      彫刻と名庭園、 翠明荘 そのまま美術 博物館 。
奥膳懐石料理の館
                              
                         

                              

         
  日本の近代建築史上に名を残す翠明荘が、最初に建築されたのは明治28年のことです。その後昭和8年より

               昭和12年までに増築され、


            戦前は第五十九銀行(青森銀行の前身)頭取の高谷英城氏の別邸「玄覧居」 として使用されました。

              堀江弥助(名工堀江佐吉一族:重要文化財青森銀行記念館や斜陽館等の建築で有名)の施工による建築は、

                総檜・入り母屋造りで、屋根は丸桟銅板葺き、内部は書院造りを基調としており、各部屋には炉が切られ、

                茶室としての趣を備えております。

             内装では、三間一枚の欅の廊下、七間半のつなぎ目の無い板を敷き詰めた廊下、金箔をちりばめた格天井等があり、

                 現在では手に入らない部材も数多く用いられております。

              建具は、七々子塗りや、現在途絶えたカマ・ツバミ工法などによる凝った造りとなっております。中でも欄間・扉等の彫刻は、

                 富山の名工、横山 白汀初代 作太郎の流れを受けた、白汀二代 豊太郎(日展評議員)の手によるものです。

              庭園は東北では珍しい小堀遠州流の桂離宮枯山水の流れをくむ茶庭で、京都より呼び寄せた名庭園師、

                辻地月氏の設計によるものです。

                 当時51万円(現在の51億)の巨費を投じたと云われ、この建築ぐるみ美術工芸品と云っても過言ではありません。


                       翠明荘へリンク 〒036-8355 青森県弘前市元寺町69 叶塩セ荘      
     



                                     能面欄間 非常に貴重で珍しい                 


                                       富士と雲  松林と波 。 北斎の版画を連想す

                                  

                          

                          上記の欄間は弘前市 の割烹料亭の調度品として収まっている 横山白汀2代の作品ですが

                           このたび 「なんでも鑑定団」にて富山県井波の彫刻としては初めて とりあげていただきました

                           井波瑞泉寺などと共に井波彫刻の真価を問われることでしょう。この構図は井波町の町家に伝わる

                           欄間 《初代白汀》とよく似通っておりますが 数十枚の作品の一画として希しに勝る作品群です。

                 初代横山白汀作品をネットで検索中 この作品関係が検索され、叶塩セ荘 に問い合わせいたしましたところ子孫を

                  通して写真をお送りいただきました。井波木彫を紹介できればと思い翠明荘のPRも併せて「なんでも鑑定団」に

                   推挙いたしましたところ OKにて 井波彫刻と翠明荘の紹介をいただき良き結果をいただきました。

                   なんでも鑑定団   放送日時:  2006年9月26日   お宝の写真 お宝の写真
                

          横山白汀2代の欄間     鑑定依頼人:    新戸部満男さん    エピソード:
          青森県弘前市にある 懐石料亭「翠明荘」の支配人からの依頼。明治28年、堀江弥助(重要文化財:青森銀行記念館、

          斜陽館の建築で有名)による建築で戦前まで第五十九銀行(現/青森銀行)の頭取の別邸だった建物がマンション建設の為、

              取り壊されると知り、弘前の大事な文化財が失われると思い購入した。そこにはなんとある有名作家のお宝が・・・。

                            本人評価額:

                                                 ¥2,000,000

                                  鑑定士総評        \ 6,000,000

             横山白汀2代の30歳代ころ 昭和初期の作品 三保の松原から富士を見た構図にて 傑作中の  傑作といわれる作品
            

                          窓抜きの 梅とホトトギスであろうか  幅広の 欅 1枚板より薄く 狂いの無い 扉     

                                               

                            ブドウにリス 見事に彫り抜かれた 欅の引き戸  この形式にて小作品が最近 人気を集めている

                           さすがに いずれの 作品をとっても 人並み外れた デザインと技量が読み取れる

                               懐石料理、 庭園、 建築物、 彫刻 全てに最高の翠明荘へ どうぞ

                                    

  横山 白汀 「初代」    制作  衝立の名品 欅一枚
       

                大正 昭和期に於ける  井波木彫 衝立の最高傑作 にて 全国的にも これほどの作品は視わたらないのでは

                             と 多くの美術 彫刻家 評論家 が感嘆する 名品である


                       富山県下に 衝立の三名作有りと伝わる 、その一点である。ただし他の2点は拝顔いまだ無き

                                        富山県水墨美術館。   砺波市美術館 寄託中

                               

 
                    
                  大島五作《 初代 大島五雲》 横山作太郎《 初代 横山白汀》 南部甚太郎《 初代 南部白雲》ほか

                                        瑞泉寺鐘楼堂 建立時 記念写真


                井波彫刻の鍛えぬかれた技 〔 初代 . 横山白汀〕    生 明治5年から昭和12年、没 1872〜1937
                                                         
                        幅1865 ミリ、 高さ 1390 ミリ、  欅厚 120ミリ、  外額1640 ミリ

                      富山市岩瀬  馬場汽船 発注品 北前船にて財をなした

                        衝立としてこれほど 鷲の 迫力のある また 太陽と海の 静けさ 桃山期の建築物に視られる

                        来客の間 狩野派の 松、鷹、虎、 の気迫。と 白書院の静けさが良く表されている

                                     大正の末 から昭和の初期に掛けての制作
                
                           80年程の歳月を得るが 余ほど 材料を吟味されたものと 思われる
        
                         木の年輪が裏 表共に非常に上手に生かされており 白汀の才覚が余す所無く発揮されている
     
                         木の直経は180センチはほどの 欅を製材し20〜30年乾燥させたのでは 

                        50〜55歳ころの一番充実した時期に2年の歳月を掛けて 材料と人件費を十分に費やして制作

                       井波町から富山市岩瀬の馬場家まで荷馬車を使って3日間掛けて輸送したとの伝えが
                      
                                孫に当たる 横山豊介 氏によって伝承される

         馬場 はる さんの発注品と推測されます。大正10年頃 夫 道久氏40歳にて亡くなられ 34歳の若さにて廻船問屋を切り盛りする

              強靭さは察するに余りあるものがあります。子供たちを育てるに当たり この衝立の迫力に預かり 気を引き締めて 邁進し次の

              世代に引き継いだのでありましょう。この気丈夫さが 
富山市名誉市民 となられた原点ではなかったでしょうか


                                                           


                          
 東岩瀬 馬場家 母屋の威容 明治期 全国長者番付 40余番 三井、三菱財閥とも競う

                               富山大学の前身高校創立に160万円寄贈す 《現在 160億円に相当す》



                  

   
             初代横山白汀  大島五雲 初代の弟子  本名 横山作太郎 、姉 千代 は大島五雲 初代 の妻

                   姉 千代 との縁にて 横山宇之輔の 長男 作太郎は 五雲に弟子入りす 仏閣彫刻に多いに腕を振るう


                                          


                                       荒 鷲 「図」 衝 立
      
                     横山 豊介 氏  「命名」   初代 横山白汀(作太郎) の孫。  二代 横山白汀(豊太郎)の子。

                              2004年9月18〜20日   井 波 町 アート にて 展示

                             3日間の展示中 約1000名の多くの方々にご覧いただきました。


               
2004/9/22 以降 高岡市 守山町 土蔵のまち 国重要建造物 菅野家 にて展示
                   
                 2004/8/14〜15 の土蔵フェスタにて 600名の多くの方々にご覧いただき 有難うございました。
         
                2004年11月 富山県水墨美術館。    2007.12 砺波市美術館寄託中
       
                 2004年10月下旬  東京テレビ ネクサス より なんでも鑑定団 に出場依頼あり 高岡 井波に調査のため出張あり 

                      検討の結果 資料不足の為 断念 但し2代白汀」制作欄間は2006.9月 東京スタジオにて収録 放送なる。

                      
                                 横山 白汀 「初代」    制作  衝立の名品 欅一枚

                           大正の末 から昭和の初期に掛けての制作  富山市東岩瀬の馬場家伝来品

                              明治期より今日に至るも この作品に勝る木彫 衝立は 拝見 せず

                      2008. 7. 12(土曜)〜9. 15 (月曜) 富山県 砺波市美術館にて 初展示

                                     

             


                  2008. 7. 12(土曜)〜9. 15 (月曜)富山県 砺波市美術館にて 富山県 砺波市美術館寄託中初展示

                                      
            


                                                     次へ

                                                  ホームに戻る