富山大学の創始者  「馬場はる」 の愛した名品

                            寺 の ま ち アート i  n  い な み 2 0 0 4

                      横山 白汀 「初代」  大正6年頃  制作  衝立の名品 欅一枚板 

                         東岩瀬 馬場汽船 「馬場はる」 好み発注、納入

横山 白汀「作太郎」   生 明治5年〜昭和12年没  「1872〜1937」

           
明治 大正 昭和期に於ける  井波木彫 衝立の最高峰 にて 全国的にも

 
これほどの作品は視わたらないのでは


    
12cmの1枚ケヤキ板を2cm程に仕上げ波文様、90年の歳月を経た 思われない、作品である。

       これほどの構図と技量が1体となった作品は他に未だ拝顔せず。

     富山県水墨美術館。  現  砺波市美術館寄託中 。
   

      富 山 新 聞    2004 /9/19 記事     北日本新聞    
   2004/9/  
                                    


                     井波町 瑞泉寺五か寺   「 仏厳寺 」 展示 風景       2004.9 。18〜

         裏面  「 波まに あがる 太陽 」 若くして散った夫に「馬場はる」は若い10余歳の息子と会社の隆盛を祈願して横山白汀に発注したでありましょう」

                             

            


                     富山県南砺市 井波   瑞泉寺五か寺   「 仏厳寺 」 展示 風景

            

                 
                安住の地を求めて ようやく 2007.12月 富山県 礪波市美術館の2階 和室に「数年に1度」展示されることになり

                 安心をして拝見できることになりました。この美術館は 砺波市、 南砺市地方の木彫のメッカとして彫刻作品の収集、展示に

                                    意を注いでいる県内有数の美術館です。

                富山県 砺波市美術館展示風景        2階常設展示場  2008.7.12 〜 9.15

            

           

             


                  衝立の名品 欅一枚板  厚さ120ミリ 衝立より溢れんばかりの造詣にて 迫力大なり

                                          
                        

                                                      次へ


                                                    ホームに戻る