所蔵品の京都 駒井象嵌が縁にて、静岡県 掛川市 二の丸美術館に作品の調査に出向きました、

                        此処に 写真の提供を受け 当HP作品との類似点とも重なり リンクして 紹介いたします。 

                                        
    静岡県

         掛川市二の丸美術館へリンク

             美術館より望む 近代創建の城  
   

  

                        緻密な日本文化の粋な逸品の美術館 タバコ道具 刀装具 駒井象嵌の美術の殿堂
                     
                         掛川市二の丸美術館は、たばこ道具などの細密工芸品を主とする木下コレクションと

                          近代日本画を収集した鈴木コレクションを基に、平成10年4月に開館いたしました。

                          木下コレクションは、たばこ道具、印籠、刀装具、書画など約2,000点を数え、

                              なかでもたばこ道具は秀逸な作品が数多く収集されています。

                          当館は、地域の芸術文化活動の拠点施設として、細密工芸・近代日本画・郷土で

                                    活躍した人々の作品などを公開しています

                                    

                                 京都駒井製 鉄地象嵌 一対 楠正成 湊川戦記図

                            
       

                          後醍醐天皇との謁見

                                 千早城に篭城して 野戦法を 駆使して鎌倉幕府軍 と戦う。後 足利尊氏と。

                           裏図 は 楠正成が出陣前に嫡子楠正行を本拠地河内の国へ帰した《湊川の別れ》

                              

                               
                                 京都駒井製 鉄地象嵌 駒井音二郎   古田織部図

                            窓の構図は 登録美術品第5号の古田織部図と作風は異なるが同図にて 驚嘆す
   
                              辺輪のブドウもサイズの違いこそあれ同じ図案にて制作されたことが判る

                                      【国登録登録美術品第5号1999年へ リンク


                                          菅公童子立像 「稚児天神像」 豊川光長作 

                  米原雲海作 【国登録 登録美術品第16号へ リンク 「清宵」 稚児天神像と構図が非常に酷似す
 

                              
                          
                                 
                                富士景物図 象嵌 手許箪笥    村瀬祐a作


                      

                                            静岡県   掛川市二の丸美術館へリンク
                 

                                                    

次へ

ホームに戻る